3階西病棟:産婦人科・小児科・整形外科・内科

病棟概要

産婦人科、小児科、整形外科、内科の混合病棟です。高齢化が進む中、急性期から回復期、

在宅や施設への退院支援まで一貫して関わる事ができる病棟です

対応する診療科 産婦人科、小児科、整形外科、内科
病床数 52床
看護基準 7:1
看護体制 固定チーム継続受け持ち制
日勤体制 看護師14名、看護助手3名
夜勤体制 準夜勤 看護師3名、深夜勤 看護師3名
年齢構成比 20代13名/30代5名/40代5名/50代8名
平均勤続年数 11.0年

病棟の特徴

いのちの誕生から、高齢者までの幅広い患者を対象に、知識と専門的技術をもとに、
安全で愛情に満ちた医療・看護の提供をスタッフ一丸となって心掛けています。

産科に関しては、満足なお産や不安なく育児ができるように、常に寄り添い、
看護を実践しています。アドバンス助産師が6名おり、自律して助産ケアを提供しています。

また助産師を中心に、学校に出かけ思春期教室を行うことや
産後ケアの充実にむけた取り組みを現在計画中です。

整形外科に関しては年間500~600件の手術があり、周術期の看護・勤労者看護・退院支援を実践しています。

患者さんの疾患・傾向

整形外科では、大腿骨頸部骨折や変形性関節症、脊椎疾患などの手術を中心に行っています。
産婦人科では、周産期の方から悪性疾患の患者さんがいらっしゃいます。
開設30余年の母乳外来などの専門外来の運営も行っています。

病棟からのメッセージ

若い力とベテランの技、明るく楽しい職場環境です。
2019年度より、分娩を再開しました。小児・母性看護に興味がある方、大歓迎です。

page top