手術室

手術室の概要

 手術室では、患者さんとスタッフの安全を最優先に、患者さんが安心して手術を受けることができるよう、医師、看護師(うち2名は男性看護師)、看護補助者、臨床工学技士、放射線技師、薬剤師、清掃業者等の多職種が各専門性を発揮してチーム医療を行っています。

 手術前は病室に訪室し、不安軽減に努めています。また、学習会を定期的に行い、特殊・専門性の高い看護が提供できるように努めています。

対応する診療科 整形外科、外科、泌尿器科、産婦人科、耳鼻科、形成外科、脳外科
病床数 6室
看護体制 チームナーシング
日勤体制 看護職18名、看護助手1名(委託業者1名)
夜勤体制 オンコール
年齢構成比 20代3名/30代7名/40代5名/50代2名/60代1名
平均勤続年数 10.5年

手術室の特徴

外科医、麻酔科医、看護師のほかに、放射線技師や臨床工学士、薬剤師、医師事務、清掃業者等の多職種が各専門性を発揮し、手術患者さんの安全と手術の効率化を図っています。(看護職員の内2名が男性です)

患者さんの疾患・傾向

整形外科の手術が、全体の6割を占めています。地域の高齢化に伴い、90代の手術も増えました。

病棟からのメッセージ

スタッフの健康とやりがいのある職場作りをモットーに、時間外労働の削減、稼働率の向上、手術看護の質向上をチーム一丸となって取り組んでいます。

page top